フォト

いくつになったの



無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

お久しぶりです

まずは、東日本大震災で亡くなられた方々および動物たちのご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、自分にできる小さな支援を
長く続けていくことを改めてここに誓います。一人一人が出来ることはとても小さなことですが、
それが寄り集まり長く続くことが重要と信じています。

さて、あずき豆日記、約2ヶ月ぶりの更新です。
皆さんお元気でしょうか?

震災のこともありプライベートでも仕事でもなんだか気忙しいここ2ヶ月のあずき豆家でした。
幸い我が家は被害も少なく置物が少し床に落ちて壊れたくらいで済んだおかげで、小梅もあずきも
無事に過ごしております。

そうこうするうちに季節は着実に進んでいるわけで、ベランダのチューリップも無事に咲き、
春らしさを演出。こころが和みます。
Turip2011

小梅はおだやかな笑顔とその丸いフォルムでα波を出しまくり、
あずきは相変わらずおかしな格好でまったりします。
Koume

Azuki


しかし、ちょっと気がかりなことも。
春と言えば予防接種の季節。
今年も4/9にお世話になってるかかりつけの病院へまずは混合ワクチンを射ってもらいに
いった時のこと、フィラリア薬も一緒にお願いしたので、フタリとも血液検査をします。
去年は確かこのときに小梅の肝臓値が高くなっていてその後の診断で乾物系おやつを
食べ過ぎたらアカンということになったのでした。今もちゃんとその新たなルールを守って
うちのワンコおやつはビスケット的なものが中心になっています。

そして今年。なんと今度はあずきの肝臓値が高いとの結果。
一週間分の肝臓値を下げるお薬をもらって経過観察となりました。

そして一週間後、再び病院で検査。残念なことに数値に変化が見られません。
夕方まで預けてエコー検査をお願いすることになりました。
夕方、お迎えに行き結果を聞くと、胆泥症という診断結果。
胆汁が泥のようにどろどろした状態になってしまう病気だそうです。
長期間の投薬で元のさらさらの状態にしていく必要があるそうで、ひとまず2週間分のお薬を
もらってきました。
この診断結果をうかがったときに先生がおっしゃっていたのが、小さい頃から指摘されていた
心臓の雑音のこと。心疾患があると連鎖して肝臓を悪くすることがままあるそうで、
近く心臓の検査をすることを薦められました。これはいよいよやらねばなりませんね。

2週間分のお薬がきれるころに伺って心臓の検査をお願いしようと思っていました。
具体的な日付でいうとこの三連休の最終日5/1を予定していました。
が、なんと昨日4/28。私が夕方家に帰ると、2つあるチッコトレーはゆるゆるうんPが散乱。
あずパパに確認すると、朝のうんちは普通だったそう。あずきさん、突然にものすごい下痢です。
チッコトレーをキレイにし終わったとたんに更に水様便をどぴゅーっと噴射(u_u。)


病院はもう閉まっている時間だったので、こういうときの鉄則である、絶食をします。
ご飯を食べていないので念のため、胆泥症のお薬も中断します。
翌日の今日4/29、朝っぱらから早速病院へ。
明後日には心臓の検査と、狂犬病予防接種を小梅も一緒にお願いする予定だったのに、あずきが
こんな状態なので、小梅だけ狂犬病のお注射をしていただき、あずきは下痢をとめ腸内環境を整える
お薬をいただいて帰宅。胆泥症のお薬は再開して構わないとのこと。
下痢ではあるものの元気いっぱい、食欲満点なのでおそらく何か散歩の途中に拾い食いしたか、
よくないものが付いた草でも食べてしまったのでは?という先生の見解。
あ〜、ありそう。ありそう。だから拾い食いしちゃダメ、草食べちゃダメって言ってるのに!

そういうわけで経過観察中が続きます。
来週末も病院です。

色的にいうとだいぶ茶色いお話だったので、最後に清涼感ただよう春の白い花で気分を一新。
Whiteflower


« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »