フォト

いくつになったの



無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

いなかでキャンプ

三連休後半は久しぶりにキャンプに行くことができました。
場所はもちろん、長野県にありますキャンプファームいなかの風。

朝5時半出発でしたが、三連休初日とあって中央道はすでに渋滞が
始まっていて、結局10時半頃到着。
お昼には設営が終了し、さあ、まったりタイム〜♪

日差しがあって、結構暑かった^^: 今回はP-2サイト。
お隣P-1サイトはフレンチブルドッグの兄妹のお家でした。
Inaka

小梅さんは早速ミミズパーティーを開催。
Mimizufesta_2

あずきは暑い中うろうろうろうろ。
おそらくミミズを探している。
Azukiinsunshine_2

小梅はちゃっかりタープ内の日陰でまったり。
Koumeunderthetable_2

あずきもようやくまったり。でも日向で暑そう。
夕方涼しくなったころにはあずパパに遊んでもらって少し走ってました。
Azukideepthinking_2

これもまったり中の小梅さん。この後、小梅さんに不運が。
Koume_2

小梅の大嫌いなものは、花火と雷と電子音。
そうです、昨日23日は夜8時から花火大会があるそうで、夕方6時
くらいから試し打ちなのか大きな花火の音が間隔を開けてですが数度
鳴り響きました。
この時間になると外気温はもう15度くらいになっていてフリースを
着ていても少々肌寒い。あずきはトレーナーを着てさっさと居眠り
開始してましたが、小梅はもう音が怖くてまったりどころじゃない^^:
8時にはシュラフに入り、花火の間中小梅を抱きしめて眠りました。
花火、知らなかったとはいえ小梅に悪いことしました。

朝起きたら私のフリースのジャケットは小梅の毛だらけでしたが
仕方ありません(u_u。) 
それにしても夜の寒かったこと!夜中には気温が一桁になっていたはず。
来月のキャンプではもうストーブと湯たんぽが必要ですね。

こんな風にタープから見える空とか大好き。すーっと気持ちがリフレッシュ
できます。だからキャンプは止められない。
Viewfromtarp

今回のキャンプ、悲劇は小梅の花火だけでなく、あずパパにも。
今朝、撤収のまっただ中で背中を痛め、危うく動けなくなりそうに。
本人曰く、ぎっくり腰の背中版らしい。
しょうがないので、残りの撤収作業の間、車の座席に座っていてもらい、
ワタクシがひとりで撤収を完了させ、山を下りるまでは頑張って運転して
もらい、そこからは私が運転。帰りの中央道、空いててスイスイだったので
良かった〜。10時に現地を出て、午後1時に帰宅。
あずパパはお昼を食べた後、かかりつけのカイロに行きました。
土曜日だけど営業しているとのこと。ふぃ〜、良かったわ(;´▽`A``
ぎっくりはなったその日の治療が必須ですからね。
引っ越しもせまってきてるから万全にしておいてもらわないと!

2011年9月19日 (月)

こんどは近江牛で

先日レポしました、エゾジカあばら骨には姉妹品があります。
それがこの近江牛の生骨です。
Ushihone_2

近江牛、なんですか、ブランド牛ですか?
食にとんと詳しくないワタクシなのでそのスゴさや美味さ的なもの感じる知識がないんですけども、
小梅さんにすこぶる評判がいい。

どのくらい評判がいいかというと、口にくわえたまま、安全に堪能できる場所を求めて
家中を彷徨うくらい。

あずきはありがたみのわからない女なので、もらってすぐにあぐあぐ食べ始めます。
自分の欲求に素直なのだ、ということにしておいてください。
鹿よりも脂がのっていてベッタベタなのでファブリックのソファや椅子のお家は
拭き取りやすい床の上か、なにか捨てられるまたは洗える敷物をご用意ください。
Azuki_2

そして小梅。
もらってくわえた瞬間に「どうしよ!どこで食べよう!?」とばかりに困り顔です。
Koume_2_2

このあと、家中をストローリングし出します。骨は一度も口から離しません。
Koume_4_2

ソファで食べようか?
Koume_3_2

テーブルの下が安全か?
Koume_5_2

あんまりうろうろとして場所が決まらないので、私やあずきに邪魔されないように
真ん中の部屋へ誘導してドアを閉めてあげました。
しばらくしてから、カメラを片手にそっと覗いてみると、なんと!
あずきのバリケン(←ここ重要)に頭からつっこんで一番奥で骨を存分に味わっておりました。
Koume_atlast_2

あずきのバリケンなんて今まで一度も入ったことないのに!

うーん、小梅にもバリケンが必要だね〜。前はあったんですけどね、入らなくなったので
あずきが来たときにあずきのだけにしちゃったんですよね。
でもなにかといろいろ考えると、やっぱり置いてあげた方がいいかな。
災害対策とか本人の心の安寧とか。うむ。

ちなみに同じ小型犬用とはいえ、エゾジカあばら骨よりしっかりした骨です。
硬いのが苦手なコはシカアバラがおススメ。味は近江牛がおススメ by 小梅

2011年9月17日 (土)

骨・角・恍惚

ようやく秋が来たと思ったらまた先週は暑かったですね〜( ̄Д ̄;;

春からそれなりに続けていた歯ブラシによる歯磨きですが、どうにもこうにも
小梅もあずきも横から奥にかけての歯(両サイド)が黄ばんできている。
磨いても取れないし、軽くスケーリングをしてみても取れない。
心情的にはスケーリングはあんまりやりたくない。
上手にできないし、なんとなく素人がやることじゃない気がするから。

そこで、数年前に小梅が歯を折ってから我が家では封印していた骨を再採用することにした。
でもモノは選ばないと2度あることは3度あるなのでね。
前は2度ともデンタルボーンで折っているし、身体に悪い気もするので、人工物は与えたくない。
そこで、見つけ出したのがこれ!
Ezoshika_2

これ良いです。小型犬用(?)なせいか安心の薄さ。これで歯を折る中型犬はいないと思われる。
しかもほんのりうっすらお肉が残っているのでフタリの評判も上々!
夕ご飯の後まったりしてても、冷凍庫開けてこの袋取り出すとすっとんで来ます。
一日おきにこれともう一つドライの子牛のあばら骨を一日1回1本与えてみたら、
1週間くらいで奥歯も真っ白になってきました。

しかし、下世話な話かも知れませんが、コスパはあんまりよろしくない。
一袋に5−6本しか入っていないので二人だと3回ほどでなくなります。
生骨は歯石とりだけでない身体によい効果もあるそうなので、これは続けるとして、
もう一つコスパのいいアイテムが欲しい。

そんで見つけたのがこれ。しーかーつーのー!鹿角です。
Tsuno_2

グラム売りしていたのだけど、グラムじゃどのくらいの大きさかさっぱり想像できなかったので
こちらの犬種を伝えて中型犬なので20cm前後の長さにしてもらいたいとお願いしました。
長いのを買って自分でのこぎりなのでカットすることも出来るそうですが、
面倒なので(だいたいウチにはのこぎりがないと思う)、ちょっぴりお高くなりますがお店の方で
カットしていただきました。お値段30円/g。
結果20cmと25cmの2本になりましたが、部位が違うので25cmの方が相当重い。200gくらい。
20cmの方は先端のほうなのかほっそりして軽い。75gくらい。
長さ的には20cmの方が好ましいのだけれど、根元に近い25cmの方がうまみが詰まって
いるらしく二人はこっちがお好みらしい。

では初日の恍惚の表情をお見せしましょう。小梅から。
Koukotsu_k_2

そしてあずき。・・・・すごい顔。夢中です。
Koukotsu_a

こんなふうに評判は上々なのですが、鹿角はすごく硬いので、小梅のようにこういったことに
熱中しちゃう性質のコには飼い主の十分な注意が必要です。
私は、だいたい15分ー20分くらいで小梅の様子が白熱してきたら取り上げるようにしています。
あずきは、子供の頃から良くも悪くもこういうことに一心に打ち込めない性格(あきっぽい!?)なので、
ちょっと楽しんだあとは自分で噛むの止めるので心配なし。(^-^;

2011年9月16日 (金)

あずき豆ハウスプロジェクト#2


先日9月の頭、床のタイルを貼り終えたというので、内装作業中ではありますが、
個別内覧にお邪魔しました。暑い中、作業員の方々が頑張ってくださっていました。
先週くらいにデザイン事務所の担当さんが撮ってきてくれた現況写真。
備え付けの家具などに傷がつかないよう養生してくださっているので雑然としていますが
なんとなく想像しやすくなってきました。
Photo
2

〈近々の経過〉
・我々の参加するコーポラティブハウスプロジェクトの5家族全員で建物名を決定しました。
 案を出し合い、最後は挙手により多数決。納得の名前になりました。
これを役所に提出して正式に通り名となる住所番地が確定します。
・引っ越しが10/15に決まりました。少しずつ不要品の整理に入りました。


« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »