フォト

いくつになったの



無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月21日 (金)

梅が咲いてました。
春がそこまで来てますな。



最近のうちのかわいこさん達。
姉さん組は変わらずこんな。

お尻合い。




小梅、毎朝恒例のおやつ撒き待ちの図。
あずパパがお仕事に行く前に玄関からダイニングにいる小梅におやつを投げてくれます。
餅まきのようにたくさん降ってくることを心の底から望んでいるでしょうが、願いは虚しく、もちろん一つです。



クロエはというと、今年に入ってから腸の成長がようやく追い付いてきたかのようにうんPの状態が落ち着いています。特別何も変えていないのに。なので、2月に入ってからはフード量をこれまでに増して更にUP。オヤツも合わせると、フード記載の給餌目安量の倍近くを食していると思います。でもお腹も緩まないし、身体つきもやっとお肉が付いてきてくれました。もうガリガリじゃありませんよー。
良かった〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

しかも体重の増加に合わせるかのように、精神的にもだいぶ落ち着きが出てきたように思います。昨日訓練士さんにもそう言っていただき、思いは確信になりつつあります。ぎゃん鳴きしてる黒い小さい小型犬にも動揺しなかったよ!いい調子です。


あずき、クロエをグルーミング。
相変わらず仲良し。



2014年2月 7日 (金)

1人お出かけ2回目

一昨日2月5日は、クロエの2回目の1人お出かけでした。

先週と同じく、朝、訓練士さんにお迎えに来てもらい、道道ピックアップする他の教え子(ワンコ)たちと共に千葉のランへ向かいます。
先週は訓練士さんの車に乗るのを躊躇ったクロエでしたが、今週は先週のレッスンと遊びが楽しかったのか、乗る気満々でドアが開くのも待ちきれない様子で飛び乗りました^_^

毎週写真をお願いするのも悪いかと思って、今週は写真無しですが、先週会ったゴル女子と走り回って遊んだらしいです。
更に今週はゴル男子、ボーダーさん(性別聞き忘れました)とご対面したそう。最初の挨拶時に怖がりな様子を見せるが特に大きな反応を見せたりはしなかったそう。
ただし一回だけ吠え声を上げたそう。対象はボーダーさんの訓練士さん。クロエ達より遅くにランに着いたのでフェンスの外からサングラスをして近づいたところ、ワフッと吠えたと。

サングラスね〜。サングラス慣れの練習もさせようか。

夕方6時半くらいに送ってもらって帰ってきました。ご飯を食べたら、疲れたのかぐっすり。普段なら小梅とこんなに近くで一緒に寝ることなんかないのに、起きゃしない。





大満足な一日だったみたい。
経験積むためだからまたお願いしようね。

2014年2月 4日 (火)

久しぶりに家族で。

2/1の土曜日には、久しぶりに家族でドッグランへ行って来ました。

お邪魔したのは埼玉県の毛呂山にあるランです。
1頭1000円、人の入場料も必要で3頭+2人で3600円。
去年だったか、一昨年だったか、確か夏に来た事あります。
家からだと高速使って、混み具合によるけど1時間〜1時間半で着くので出かけやすい距離。 
11時過ぎに到着すると、先客はロングのワイマと白い中型犬の1家族のみ。
「こんにちは〜」と挨拶しながら一番広いAサイトへ入場するも、お返事無し。
迷惑なのかな?と思って、Aサイトを通り抜け、空いているとなりのBサイトへ移動。

犬達のリードを外し解放です。 
Dsc_0239
Dsc_0238 Dsc_0247 Dsc_0248 Dsc_0258
Dsc_0259_2 Dsc_0267 Dsc_0269_2 小梅も
小梅なりに楽しんでいましたよ。芝だらけになって。。
小一時間したところでゴールデン1頭連れのご家族が到着。
Aサイトに入るもやっぱり居づらそうにしてBサイト側のスペースで
遊び始めた。クロエがゴルちゃんには吠えないけどゴルちゃんの
お父さんにフェンス越しに吠えてしまった。
ワイマの飼い主さんには吠えなかった。違いはなんだろう?
黒っぽいロングジャケットが怖かったのかな?
それとも、もしかしたら、Bサイトを家族だけで使っていたので、
近づいた人間を威嚇したのかも。ありえる。。 まあいずれにせよ、必要もないのにランのような場所で人に吠えたら
いかんと我が家は撤収することにしました。
最後にゴルちゃんのお父さんに謝ってきました。
ほんとすみませんでした。 以前にランを利用した時は、遊びに誘ってくれるグレデンが怖くて吠えて
しまったことがあったけど、それ以外のランで人や他の犬に吠える事は
無かったのでびっくり。 なんじゃらほい?
それにしても小一時間で3600円。
うーん、割高な料金となりました(;´д`)トホホ…

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »