フォト

いくつになったの



無料ブログはココログ

2011年5月 1日 (日)

三頭山ハイキング

4/28木曜日、ゴールデンウィークスタート前日ではありますが、
お休みを取って、奥多摩にあります三頭山に登ってきました。
前日の雨風が嘘のような気持ちのいいお天気。
日頃の行いがいいからか、はたまた天気予報が良くないことを知り、急遽雨具を
購入したことが良い意味で裏目に出たのか。
(こういうことってないですか?私よくあります。必要と思って買ってまで準備すると
その当日にはまったく必要ない状況になるっていう。ある種のジンクスとなってます。)

檜原都民の森というところに武蔵五日市駅からバスで一時間くらいで到着。
ここからスタートです。
Tominnomori

公園マップ兼ルートマップはこれ。
Tizu


三頭山はその名の通り、てっぺんが三つあります。
東峰、中央峰、西峰とあり、一番最後の西峰がベンチなどが3峰のなかでは一番多くあり
座ってご飯を食べたり、ゆっくり景色を眺めたりするのによいところ。
なんていうか、2月の高尾山と登る距離は変わらない感じだったのでだいぶ楽勝かと思って
登り始めた私たちでしたが、すぐにその考えが間違っていたことを知りました。

歩き始めて、公園の歩道を抜けたあと鞘口峠くらいから、えっらい急な登りです。
バックパックの重さもあり、うっかり真後ろに滑落しそうな傾斜。
いや〜、地面のコンディションが良くて良かった。雨降っていたら相当危ないですよ。
あと、前回Ca。さんにトレッキングポールを使うと断然楽だとアドバイスを受け、
この日までに調達しておいたのも幸いしました。なきゃヤバかったっす。
ありがとう、Ca。さん!
(ポールがくるくると回って固定できずにmont-bellに電話したことは内緒だお)

ここはあまりのことに写真も撮れず。だって後ろに転がりそうだったんです〜。
やっとこさ少し余裕がでたところで撮った写真がこれ。
Nobori
やっと平らな道が始まると思った「ブナの路」のスタート地点。
しかし、ぬか喜び。このすぐ後にもう山頂までずっと似たような上りが続いてました。
最初の急傾斜ほどのところはありませんでしたが、ただひたすらほぼ上り^^:
Bunanomichi
で、前述の東峰、中央峰ときて、最後にやや急な傾斜を登りきると、ようやく西峰。1524.5m。
そして、そこにはどーんと富士山が。
Westerntop
Mtfuji

おっかしいなー。目で見た富士山はもっともっと大きく見えていたんですが。
お伝え出来ないのが残念。
富士山を眺めながらお湯を涌かして、おなじみカーップヌードルを食べ、コーヒーを入れて
ほっと一息。これが格別。登ってきてよかったと思う瞬間。

帰りは沢沿いの路を選んで下山しました。
こんな感じ。
Gezan

途中、雉子発見。ざ、残念。カメラレンズの望遠側が足りず、撮影は無理。
ものすっごくキレイでした。
下山途中に目を楽しませてくれる花々。
Hanafusa
Pinkflower
Hashiridokoro
紫のベルのような花はハシリドコロという草花で、可愛いなぁっていいながら撮ったんですけど、
あとで調べたところ、有毒だそうです^^;
最後に三頭大滝という滝を眺めてから出発地点である都民の森の駐車場に到着。
ここからまた帰りのバスに乗ります。
滝の写真は逆光で変な光がはいっちゃって全然だめでした。残念。
登山はせずに公園に車を止めて、この大滝だけ見にいける癒しのロードとかいう散歩道もありました。

高尾のときが少し雨模様だっただけに、今回の山歩きはコンディションも最高で、ほんとうに楽しかった。
次はどこかなぁ〜?

2011年2月24日 (木)

高尾山ハイキング

そろそろ杉花粉アレルギーの症状が出始めるところですが、使わずに消失していく有給休暇を
少しでも消費しようと悪あがきを試みまして、本日2/24、友人を誘い、なんと初となります、
高尾山ハイキングに出かけて参りました。

友人によりますと、休日の高尾山は人がうじゃうじゃいておもろないということなのですが、
さすがに冬の平日、人密度も適度で快適でした。
マップはこれ。経路がたくさんあります。さすが世界一の登山客数を誇る超有名山。
Takaomtmap


まずは1号路の石畳を歩きます。正直ここから土道に入るまでが全行程で一番キツかった。
Sando
Sando2_2

浄心門の手前で4号路に入ります。
Joshinmon

そうするといい感じの土道になり、途中で吊り橋を渡り、見晴し台でちょっとした景色が見渡せます。
吊り橋の辺りではやたらと獣の鳴き声がしてました。おそらく猿だと思います。
見晴し台の景色はあいにくの曇り空でめちゃめちゃガスってます^^;
Tsuribashi
Miharashi_2

1時間半ほど歩いて頂上に到着。
曇り空だったこともあり、景色もそっちのけで、まっしぐらにお昼ご飯の準備を始めました(゚ー゚;
今日のお昼はお手軽にカップ麺。
汗が冷えて少し肌寒くなっていたので暖かいカップ麺が最高においしかったです。
Boiling

食後のコーヒー準備中。お菓子とコーヒー、こちらもめちゃウマでした。
Coffeetime

このあとぽつぽつと雨があたってきたので、早々に撤収。
帰りはカメラをザックにしまってしまったので全く写真がありませんが、稲荷山コースを通って
下山しました。その名の通り、小振りな稲荷神社が途中にありました。
尾根歩きが楽しめるので良いコースと思います。帰りも1時間半くらいで下山できました。

しかし、一番有名なお寺さんを全く掠めないコースを選んでしまったので、友人はともかく
私が初の高尾山だったのにお参りせずに下山。不心得者でしょうか^^;
でも、今日私たちの選んだコースが山歩きをメインに考えるならおススメです。

最後に、麓のケーブルカー乗り場の真ん前にある蕎麦屋兼カフェでお茶して帰ってきました。
押し出しコーヒー美味しかった。ケーキも甘くなくて、長く歩いた後でもすっきりといただけます。
Coffeebreak2_2

う〜ん、楽しかった。
大人の休日を過ごした感たっぷり。大満足でございました。
一緒にお休みを取ってくれた友人に感謝!

ちなみに、家に帰り着いてから小梅&あずきのお散歩を済ませた後の歩数計の表示は17310歩でした。
山歩きって楽しい〜♪

2010年11月 7日 (日)

あずき4歳を山で祝う&2010-11あず服vol.1

気持ちの良いお天気の週末ですね。
なのになぜ私は東京にいるんでしょうか?絶好のキャンプ日和だったのに・・。

さて、11/5はあずきの4歳のお誕生日でした。
去年はがんばってご飯ケーキなぞ作ったりした記憶ですが、今年は何も準備しておりません。

先月の小梅の8歳のお祝いはキャンプ場でしたのにあずきは?ってことになります。
それで冒頭のつぶやきになるわけですが...
まあ、じゃあ、ひさしぶりに山に行ってみようか!ということになりまして、夏前にも2度ほど行った
毎度おなじみになりつつある埼玉県飯能市にある多峯主山へ山散歩に行きました。
山については詳しくはこちらの記事にて割愛します。

お昼の12時半ごろから登り始めて一時間位で頂上へ着けるというお散歩にちょうど良い山です。
LetsgowalkingTonosuyama_1AmagoiikeTonosuyama_2
Azumttop
Koumemttop_2

頂上で持参したおにぎりをいただき、小梅とあずきもおやつのビスケットをもらって
30分ほど休憩したら下山します。下りは早いものでものの30分ほどで駐車場に到着。
記念にパシャリ!満足げです。
Finish_and_smile_2

お誕生日プレゼントのつもりは全くありませんが、あずきの冬服をさっき作ってみました。
ここんとこ毎週末忙しくて(遊びで^^;)今年の秋服作りは完全に時期を逃しました。
このままだと冬服もサボって遊び倒しそう..。

裏起毛の真っ赤なトレーナー。プリント部分はアイロンプリントで、私らしく裾/袖のリブは
色を変えたボーダーリブで。
なんだか数年前に流行った丘サーファー?な感じ?
または一度も雪山に行ったことのないスノーボーダーみたいな?
ものすごくスポーツできそうなコに見えますが、知っての通り真っ赤な嘘です。赤だけに。
なんつて!(/ω\)ハズカシーィ
Azufuku_1
Azufuku_2_2

2010年6月13日 (日)

天覧山&多峯主山 山歩き第2弾

本日はどうにかこうにか夕方までは雨が降らなさそうな天気予報だったので、
またまた山歩きに行ってまいりました。
今日は、先日よりももっと軽いところへということで、埼玉県飯能市に
あります天覧山&多峯主山(とうのすやま)へ。

マップではこんな感じです。クリックででかくなります。
Map

飯能市の中央公園向かいにあるタイムズマートの隣に登山口があります。
さあ、出発ですよ。
Ittekimasu

ここは実は先週の日の出山よりも前に挑戦していて、私の履いていたスニーカーがあまりに
滑るので、多峯主山へは断念して天覧山だけですごすご帰ったという過去が...。
これをきっかけにトレッキングシューズを入手したので、前回の日の出山も今回も実に快適に
安全に歩けます。機能的なギアって大切。

小梅は今日もがんばります!
Koumeno

ここは中段の広場。東屋やあちらこちらにベンチも置いてあり、立派なトイレもあります。
Tenranzanchudan

割とキツい登りですが、あっという間に天覧山頂上です。標高低って思いました?
ここまで歩き始めて20分。
Tenranzan
天覧山からの飯能の町並み。今週もガスってます^^;
Tenranzannonagame

登って来たのと反対側の登山道を下って多峯主山へ向かいます。
下りが続きます。
Tenranzankudari

下りを降りきると今度は湿地帯へ出ます。ふかふかの道で歩くと気持ちいいです。
Shitsugennokomichi

高麗峠への分岐を右手に見つつ進むと、
Kamatouge

いよいよ再び上り坂が始まります。見返り坂というそうです。
Mikaerizakatoyara

その由来。
Mikaerizaka

しばらく登って、少し平坦な道を進んで、てくてく歩き続け、最後に急な石段を登って
これまたあれ?っという間に多峯主山山頂に到着。石段のあるところは結構なキツさで、
子供用に伝って登るための鎖が渡してありました。登るのに精一杯で写真がないのが
キツさの証拠^^;
Tounosusan

山頂で記念写真。
Sanchodekinenshashin

ここで、今日こそは!と握ってきたおにぎりを食べました。
山頂らしくベンチとか置いてあるんですけど、周りの樹々の葉が茂っていて
眺めは良くありません。ってか、ちょーっとしか眼下の景観が見えない( ̄Д ̄;;
でも、まあ、頂上は頂上です。

小梅は食べ物から目線を反らさない。あずきのお腹の下からでもターゲットにロックオンですよ。
Koumeunderazuki

さて、下ります。
帰りは勾配のあまりキツくない道を選んで下ります。上りもこっちでくれば良かった。
Kaerinokudari

雨乞池(あまごいいけ)という池の脇を通ります。なんか棲んでいそう。
Amagoiike

ずーっと、下り続け、さっきの湿地帯を抜け、天覧山への分岐のところまで戻ってきましたが、
帰りは道標の言うように山をぐるっと迂回して中央公園へ戻ります。
Kaeriharakushite

そして、マイティーなこの方の待つ中央公園へ。なぜ飯能にアトム?
Centralpark

時間にして2時間ほどの山歩きだったので小梅も今週はさほど疲れてない様子でした。
今夜からしばらく雨だそうなので、梅雨前にいいお散歩になりました(* ̄ー ̄*)

2010年6月11日 (金)

御岳山〜日の出山 再チャレンジ その2

えーっと、時間が経ち過ぎて記憶があやふやになってきましたよ。

日の出山の山頂を後にして、御岳山駅のある広場に向かいます。
1.5Lの水(500ml×3本)を背負って登ってきましたが、もうすぐ
底をつきますので、補給のためもあります。

途中お一人で懸命に登られている中高年のおばさまとすれ違い、小梅が
「あらコーギーちゃんもがんばってるわ。」と声をかけていただきました。
他にも何人かの方に声をかけていただきましたが、足の短いコーギーが
山登りなんかしていると、どうも「私もがんばろう!」と妙な励みに
なるようで、みなさん暖かい微笑とともにご挨拶してくださいます。
ありがたいことです。

そして、下りはあっという間に御岳山に戻れます。
御岳山からの眺め。ガスってます^^;
Mitakesan

いつみても涼しい顔のあずき。
Mitakesanazuki

Koumehitoyasumi


ここでコーヒーにソフトクリームをいただき(おいしかったです)、水も買って、
さあ、滝本駅までこんどはあのもの凄い坂を下ります。

それにしてもアレですね。登りもキツいと思ったけど、下りもきついですね(;´Д`A ```
つま先にかかる重みで指先痛いし、だんたん股関節も痛くなってくるし。
こんな道下るんだからしょうがないか。...写真じゃよくわからないな。残念。
興味のある方はどうぞ体験してみてください。
Kaeinokudari

関節の痛みに耐えながらどうにか駐車場に到着し、あずき豆号2の前で
記念撮影。みんなほんとに良くがんばりました!
Goal

ちなみに、朝8時半に駐車場を出発、途中時計をみなかったのであやふやですが、
あずパパによると昼12時に御岳山を出発し滝本駅駐車場にゴールしたのは午後1時でした。
休憩時間をマイナスすると、おそらく3時間40分くらい歩いたのではないかな?と思います。

2010年6月 6日 (日)

御岳山〜日の出山 再チャレンジ その1

良いお天気の日曜日でしたね。
そろそろ梅雨が始まるとか始まらないとかTVのお姉さんがゆーとりましたから
実に貴重な晴れの日曜日だったかのかも。

そういうわけで、先週雨天決行してプラン変更でお茶を濁した御岳山〜日の出山の
山歩きに再チャレンジして参りました。
朝7時に出発。
8時30分頃、ケーブルカーの滝本駅駐車場に到着。
Cablecarsta

今日はこれを使わずに、滝本駅の向かいから始まる表参道を歩きます。
御岳山の鳥居を潜って出発です。
Sandou

途中、道の名前を記したこんな表示が所々にあります。
樹々が茂っているのでいい感じに直射日光を遮り、心地いい山の空気を感じます。
Rokurokkubi

昔はここに仲店があったのだそうです。あまりの登りのキツさに現代も仲店置いてくれと
思ったのは私だけではないはず。
Nakamise

木の根っこ凄かった。妖精出て来そうだった。
Roots

鋪装されているとはいえ急な上り坂が続き私と小梅はかなりバテ気味。
あずきは写真を撮るため先に上に登って行ったあずパパを追って、ぴーぴー鳴いて、
走って追おうとします。元気で結構だけど、引っ張られても私が無理だから。
Nobori

ゆーっくりゆーっくりと登り、ちょこちょこ一休みをいれながら進みます。
ようやく御岳山上の道に到着し、そこから先週も歩いた道を進み日の出山への分岐まで行きます。
Michishirube

さあ、もうひとふんばり。
しばらく下りになり、うちの森ガールこと小梅さんが張り切ります。
さっきまでぜいぜい歩いていたのに。どういうことだ。
Morigirlfukkatsu

こんなパステルカラーの道もあったりします。
Patelroad

そして、いよいよ山道に入ります。でもしばらく平坦な道が続くので、ちょっと道が
ぬかるんでいたけれども、まあ歩けます。緑が気持ちいいです。
Mountainroad

しかーし、日の出山のこの鳥居の先の階段がえらいキツかった。写真クリックで拡大したら
階段見えるかしら?ところどころ小梅の頭の高さくらいある階段もあって、小梅には
大変そう。私も大変。あずきだけが涼しい顔で登っていきます。
大変だったのでその模様を伝える写真がありませんけドモ....。どうぞお察しください。
これを登りきった先が日の出山山頂です。
Hinodeyamatorii

着いた!
Sanncho

ガスってますけど、登りきったという満足感で気分は爽快です。
小梅も気分良さそう。ベンチで休憩中のハイカーさんのお弁当を嗅ぎ付けただけだったりして?
Hinodeyamasanncho

Koumehinodeyama

草食動物が早速、草を食みます。
Hinodeyamaazuki

この後一休みをして、日の出山を下り、ケーブルカーの頂上駅である御岳山駅がある
御岳山頂上まで行きますが、写真が多くなったのでここで小休止。。
続きはその2で。

2010年5月29日 (土)

武蔵御嶽神社

武蔵御嶽神社に行ってきました。
あいにくのお天気で、晴れてれば下から表参道を徒歩で登っていくつもりで
出かけたのですが、ケーブルカー乗り場のある滝本駅駐車場に到着する頃にはすっかり雨降り。
お客さんもしっかりレインスーツを着込んだハイカーの方々が多い中、
そんなもの持っていない我が家は普通の綿パーカ。この時点で終わってます。
気温は16度ほどであずきの服選びも大失敗。ノースリーブしか持って来てない。
そうそうにプランを往復ケーブルカー利用に切り替え、早速チケットを購入。

Takimotosta
ペット用のボタンがあるチケットの自販機。お安い!
人間用は往復で1090円?だったかな。こちらはちと高い。
ちなみに小型犬から大型犬までOKです。
Ticketvendingmachine

こんな感じでゴワンゴワン登っていきます。
Inthecablecar

車内のふたり。ビビり気味。ゴワンゴワンが怖いらしい。
Inthecar

登った先の御岳駅でケーブルカーを降り、神社を目指します。
ちょっと歩くんですけど、舗装されているので普通に歩けます。
途中、宿屋や宿坊などの山上集落を抜け、お土産屋さんやらお蕎麦屋さんやら
コーヒー屋さんやらが並ぶ参道を抜けて進む。
舗装されているとはいえ、結構な登り坂や階段もあり、私にはきつかった(;´▽`A``
いかに体力ないかが証明されました。

そして大鳥居があり社殿まで最後の階段が続きます。きつかった〜。膝にきます。
霧というか雨でものすごく煙ってますね。
Torii_2

武蔵御嶽神社のりっぱな社殿。
Musashimitakejinja


犬連れにとってはこちらが目的のようなものですが、社殿の裏にある大口真神社
Okuchimagami_2_2

起源の由来が記されておりました。日本武尊が白狼さんと黒狼さんに助けられたそうです。
だからワンコも歓迎ムードがあるんですね。普通の神社は無理ですよね。
Okuchimagami

小梅とあずきの無病息災と長寿をお願いして、帰途につきます。
「白狼さん、黒狼さん、どうぞよろしくね。」

帰りもケーブルカー利用で楽チン。
乗り場でケーブルカーがくるのを待ちます。階段状になってます。
Azukimameinmitake_3

階段を生かして、こんな座り方。ウィらしいですね。
Azukiinmitake_2_2

実は小梅用の雨具も忘れ、お腹が真っ黒です。まったく準備不足のお出かけでした。
カメラだけはデジ一やめてコンデジ持っていったんですけどね〜。
コンデジ久しぶりでピンめちゃめちゃです。どうやって被写体にピンが合うんでしたっけ?
なんど、半押ししてもピンの四角いのが被写体のところに来てくれないんですけど??
Koumeinmitake_2

まだ時間が早いので下りは貸し切り。
Kashikiri

駐車場の管理のおじさんに「あれ!早いですね!」って言われました^^;
2時間くらいしかいませんでしたからね〜。うちは撤収早いので有名です。

ちなみに小梅はこのあと駐車場でペットボトルの水でお腹を濯がれました。

晴れの日に必ず再チャレンジしますよ。
しかし体力は問題ですね。これじゃね(^-^;